虫歯

歯科矯正後の痛みを和らげる方法

歯科矯正は痛い!そんなイメージが強くて矯正したくてもなかなかできない。そんな方も多いと思います。歯科矯正は一般的に2~3年ほど矯正器具を付けた状態になりますが、ずっと痛みがあるわけでなく付けた初日から1週間ほど痛みが伴うだけで徐々に痛みは軽減されていき、はじめの1週間我慢をすれば痛みに悩むことは通常なくなります。では、痛みが引くまではどのようにして過ごすのが良いのでしょうか。痛みを軽減させる生活方法を紹介したいと思います。
まず、常に歯が痛いのはきちんと矯正効果が現れている為なのです。歯が徐々に動いているという証拠であり、効果が現れている状態なのである程度の痛みは我慢が必要になります。しかしどうしても痛みが強い場合は「食塩水」を使ったうがいがお勧めです。食塩水を含むことで口内の浸透圧が変化して痛みをマシにする効果があり、手軽に行える方法としてお勧めです。それでも痛みが引かなくて日常生活に支障が出る場合は鎮痛剤を処方してもらい飲むことをお勧めします。
しかし、鎮痛剤は常用化すると効目が悪くなり、胃も荒らしてしまうことがあるので飲みすぎないようにしましょう。矯正器具を装着後から1週間程度は食事をするときも痛みを伴うので食事もあまり噛む力が必要ないおかゆや雑炊、ヨーグルトなどを取り入れて痛みが引くまで上手に乗り切りましょう。

目立つことがないようにする歯の矯正

目立たない矯正歯科というのがあります。それが取り外し可能なマウスピースによって行われる矯正になります。歯科矯正としてマウスピースを使うことがあるわけです。多くの場合、ブラケットとワイヤーを使った矯正になるのでしょうが、見た目が気になる人にお勧めできるのが、マウスピースを使った矯正になります。透明な素材で目立つことなく、矯正をすることができます。そして、マウスピースですから、歯磨きのときも取り…

More Details

UPDATE POST

歯科矯正後の痛みを和らげる方法

歯科矯正は痛い!そんなイメージが強くて矯正したくてもなかなかできない。そんな方も多いと思います。歯科矯正は一般的に2~3年ほど矯正器具を付けた状態になりますが、ずっと痛みがあるわけでなく付けた初…

大人の歯科矯正始めるきっかけは?

最近、大人の方で歯科矯正をしている方を見かける事が増えてきたような気がします。かくいう私も25歳の時に歯科矯正を始めました。なぜ私が矯正をするに至ったかの経験をお話しします。「子供の頃から興味は…

矯正中にやっておけば良かったこと

大人になってから矯正歯科に通い始めた私。矯正中にもっとこうしておけば良かったという点がいくつかありました。『歯磨きの徹底』大人になってからの矯正だったので、歯磨きもセルフチェックです。歯間ブラシ…

LIST

TOP